【ROAD to TAVI Operator】座長の言葉

livedemo2017
座長の言葉

今回で4回目となるSCJ meets SUNRISE。
Structural heart disease(SHD)の劇的な導入から数年が経過し、この分野も落ち着きつつある。

以前のようにSHD interventionを経験しに海外留学に行ったからといって、どこかの施設でトップとして働けるという時代ではなくなってきた。

一方で国内のSHD interventionハイボリュームセンターも着々と増えてきており、SHD intervention のオペレーターを志す若者にとって国内留学という新たな可能性も今後は視野に入れるべきではないか。

本セッションは国内のSHD interventionハイボリュームセンターでの術者育成について、指導者および実際に指導されているNext generation operatorに紹介してもらう。

中澤 学(Gaku Nakazawa)
プログラム
2017/11/4(土)第1会場 17:00-18:00

ROAD to TAVI Operator

The 4th Structure Club Japan meets SUNRISE

座長:中澤 学(東海大学医学部付属病院 循環器内科)、重城健太郎(東京女子医科大学 循環器内科)、林田健太郎(慶應義塾大学医学部 循環器内科)

Structure Club Japan Live Demonstration 2017

メニュー