残席わずか!ハンズオンセッション「デバイス回収のコツを伝授します!」

livedemo2018

ストクラ2018にて開催される、ハンズオンセッション「デバイス回収のコツを伝授します!」にはたくさんのお申し込みをいただきありがとうございます。
残席わずかとなって参りました。
この機会にぜひご参加ください。お申し込みはメールにて受付ています。

以下の概要をご確認ください。

両日とも定員に達しましたので、募集を終了いたします。
お申し込みありがとうございました。

ハンズオンセッション「デバイス回収のコツを伝授します!」のご案内

【ハンズオンセッション1】
9月28日(金)15:00~16:00
講師
小林 俊樹先生(埼玉医科大学国際医療センター小児循環器科)
大月 審一先生(岡山大学小児循環器科)

【ハンズオンセッション2】
9月29日(土)11:00~12:00
講師
中村 猛先生(京都府立大学循環器内科)
中川 晃志先生(岡山大学循環器内科)

会場:岡山コンベンションセンター 3F 302会議室

協力:
アボットメディカルジャパン株式会社
ジョンソン・エンド・ジョンソン株式会社
西日本メディカルリンク株式会社
日本光電工業株式会社
日本ライフライン株式会社

内容:CVIT,JPICのエキスパートの講師から脱落したデバイス回収のテクニックを直接学びます。ASD device,PDA deviceを心臓モデルより回収します。各回5名ずつの受講枠を設けています。

参加費:無料
(ストラクチャークラブ・ジャパン ライブデモンストレーション2018の参加登録が必要です。)

参加申込方法:
運営事務局(Email: structure2018@congre.co.jp )まで、
氏名、ご所属施設、診療科・教室名、参加希望日を明記の上お申し込みください。
先着順とさせていただきますので各回5名になりましたら募集を終了いたします。

メニュー